【大江山 若女将聖子の酒楽日記】能登半島松波酒造から


大江山の若女将聖子がお届けする能登の旬な情報
by skinshichi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

くじらのすき焼き 【大江山 純米酒】

 小木の魚屋さん「稲田鮮魚店」さんから「鯨の肉はいらんかい?」とお電話があり、せっかくだからとまた買ってしまいました。 松波に戻って4年経ちますが、今年はやたらとくじらをご馳走になっています。 
 それにしてもよく宇出津港に揚がるものです(^・^)ン 
 お刺身にも大丈夫なようでしたが、すき焼き用と、醤油漬け保存用に分けました。
b0033490_16414146.jpg

 家の野菜をかき集め、必須のささがきゴボウも用意! 青い菜が無かったので、ためしに茹でた生ワカメを入れました。
 祖母や両親の世代は牛や豚のお肉よりもくじら肉が安かったのでよく食べた「くじらのすき焼き」。 私は食べたくて食べたのは今が初めてかもしれません。
 お味は、、、牛肉には近いけれど、独特のかための歯応えと醤油に良く合う味。 ささがきゴボウがとっても甘く感じられて美味しかったのが大発見でした。
 ワカメはさっと食べれば色も青いままで、ほのかに残る磯の香りがくじら肉にもマッチします。
 〆はつるつる食べやすい細麺の讃岐うどんに決定。
b0033490_16473519.jpg

 濃い和風味な料理には「大江山 純米酒」がぴったりですね。 「大江山 純米生貯蔵酒」にしようかと迷ったのですが、千客万来のバタバタした一日で、ゆっくりとしたかったので「大江山 純米酒」にしました。 お酒選びはメニューも大事ですが気分的な「なんとなく」も大事ですね。

○なんとなく今日はゆっくり晩ご飯、そんな時には
「大江山 純米酒」 720ml 1,260円がいいですね。

○濃い味付けのお料理に、喉を潤したい時には
「大江山 純米生貯蔵酒」 720ml 1,155円がいいですね。
[PR]
by skinshichi | 2006-03-27 22:37 | おいしい晩酌は大江山で

真鯵の甘酢あんかけ 【大江山 純米】

 宇出津産の真鯵が「1匹 50円」とお買い得でした。 地元産のアジは新鮮でうまいうまい。 晩ご飯は、簡単うまい「真鯵の甘酢あんかけ」になりました。

 アジを塩コショウし、小麦粉を付けてフライパンで焼きます。 時間があったら揚げた方がおいしいです。 (骨もポリポリになるから) 甘酢あんには、祖母が山から採ってきた椎茸とにんじん、あとモヤシと玉ねぎが入ってます。

b0033490_1574546.jpg


 熱々のアジに熱々のお野菜をざっとかける。 身が柔らかくホカホカですよ。

 切干大根ときゅうりとワカメの酢の物、そしてお吸い物。

 晩酌は「大江山 純米」をチョビチョビと。 あっさり系のお魚には冷やで飲むと美味しいです。

 
[PR]
by skinshichi | 2006-03-23 22:03 | おいしい晩酌は大江山で

純米酒も上槽です、酒蔵見学もできますよ

 本日は「大江山 純米酒」の上槽(ふなのり)です。
 いつもより梨か林檎のような強い果実香りが蔵に広がっています。
b0033490_16482661.jpg


 10:00頃に、富山県からグループで旅行に来られたお客様が10名ちょっとで酒蔵見学に来られました。 今シーズンで一番おいしい時期と時間に来られました。
 ちょうどフネにモロミを入れていたので、純米酒の荒ばしりをふな口より飲めました。 とっても喜んでおられました。
 また、今朝取り出したばかりの4号タンクの板粕もつまんで食べてみたり。

 人数も15名くらいだと説明もしやすいし、ゆっくり様子を見られます。 蔵での酒造りの進み具合は当日にならないと分からない事が多いです。
 瓶詰や大きな作業があるときは酒蔵見学をお断りする場合がありますので、できるだけ事前にお電話してください。
 0768-72-0005 です。

 来週の土曜日は東京から「能登まいもんツアー・ワイルドナビゲーション」御一行様が12名程で酒蔵見学に来られます。 夜は穴水の「幸寿司」で冬の能登のアンコウ・鱈などをたっくさん食べる大宴会だそうです。 お待ちしていま~す(^。^)
[PR]
by skinshichi | 2006-02-18 16:39 | 2006酒蔵風景

槽の準備がはじまりました

 松波酒造では、お酒を搾る工程に「槽 フネ」を使います。 一部の純米酒大吟醸「袋吊り」でしぼります。

b0033490_1038138.jpg


 このフネの中に大きなタンク1本分のモロミを粕袋に入れながら積んでいきます。 仕込み1号タンクのふなのり予定は5日(日)で、このお酒は「しぼりたて生酒」となります。
 同時にモロミを粗くこしただけの「にごり酒 波の花」も別の方法で作ります。

b0033490_10405073.jpg

 この写真は大江山純米酒のタンクです。 泡なし酵母を使っているので、泡で溢れるようなことにはなりません。 きめ細かいサラサラした気泡ができて、シャワシャワと音が聴こえてきます。
[PR]
by skinshichi | 2006-02-02 14:34 | 2006酒蔵風景

ブログパーツ

検索

最新のトラックバック

酒粕クッキー 半島フォー..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登大納言小豆を発信 「..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
半島地域づくりフォーラム..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登空港のお茶会&2月の..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
ビノワール・グルメの食材..
from ビノワール・グルメの食材屋さん
みかん入りヨーグルト 【..
from おいしいケーキ大好き!素敵な..
北海道特産品取寄
from 北海道特産品取寄特集
牡蠣(かき)
from 世の中のうまい話
取寄スイーツ
from 取寄スイーツ情報
鰤(ブリ)
from 世の中のうまい話

ファン

ブログジャンル

画像一覧