【大江山 若女将聖子の酒楽日記】能登半島松波酒造から


大江山の若女将聖子がお届けする能登の旬な情報
by skinshichi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いよいよ大江山大吟醸の上槽です

 春の足音が近づく頃、松波酒造では「大江山 大吟醸」の上槽が始まります。
b0033490_20324294.jpg


 フネの大仕事も終わりに近づいております。 タンクは2本あり、「これぞ大吟醸だよ!」というお墨付きがついた方を「大江山 大吟醸」として原酒のまま瓶詰し、ラベルが貼られます。 もう片方は「より爽やかな喉越しのお酒にしよう!」という事で、割り水を加え「大江山 吟醸酒」になります。 仕込み方法は2本とも同じ、原料米も同じです。

 昨年秋頃から沢山のご予約をいただいている「できたて大吟醸粕」もあと少ししたら発売します。
b0033490_20421379.jpg

 お待たせしていて心苦しいので、出来上がりが私にとっても心待ちなのです。 先にご予約いただいたお客様から順次発送開始しますので、もうしばらくお待ちください<(_ _)>
[PR]
by skinshichi | 2006-02-28 20:29 | 2006酒蔵風景

ワイルドナビゲーション様・珠洲桃の句会様・竹野ご一家様の蔵見学

 午後から東京・大阪からの「ワイルドツアーナビゲーション様」と、地元の俳句の会「珠洲桃の句会様」と、母の友人「竹野御一家様」松波酒造へ酒蔵見学に来られました。
 
 「ワイルドナビ様」はオフシーズンに一度来られた方もいらっしゃって、今回は酒造りの真っ最中に新酒と、能登の冬の旨い食材を食べに来られました。
 ちょうど2時から槽を一旦空け、中の酒袋を積み替える作業に入ったので、皆さんに酒の搾り方、酒粕のでき方を説明しました。  また、ふな口から滴った新酒も呑んでいただき楽しそうでした。
b0033490_20182132.jpg


 「桃の句会様」は、酒蔵と酒造り、そして道具や歴史について熱心に質問をして、俳句の素材探しをされていました。 後からもっと季語になりそうなよい用語があったな~と、思い出しました。 日本酒には難しいようで面白い用語多いんです。 「初揚げ・上槽・フナノリ・甑倒し・添え・仲・留・高泡・櫂入れ・皆造・火入れ・杉林・杉玉」

b0033490_20112613.jpg


地元に住んでいても酒造りや松波酒造について知らない事は多いと思います。 もっと足を運んでもらえると嬉しいです。

 「竹野様ご一家」は2度目の酒蔵見学。 元お相撲さんも来られました。  出来たての酒粕を食べたり、利き酒したり、楽しんでおられました。

 色んな目的や観点から酒蔵見学を楽しめるのだなぁと、3組のお客様を見て思いました。

 少人数でも酒蔵見学できますので、興味のある方はご連絡ください。

 夜は、穴水にある能登のうまい物を何でも知っている「幸寿司さん」のご自宅で「ワイルドナビの皆さん」との大宴会に行きます。
 この様子は「善さんのカヌー日記」にも載っています。
[PR]
by skinshichi | 2006-02-25 16:04 | 2006酒蔵風景

純米吟醸の上槽です。

 今日の松波酒造は「純米吟醸」の上槽です。 お酒のあま~い香りが蔵内に満ちています。

b0033490_1621344.jpg

 上槽は朝からの作業です。 今日はたまたまいいタイミングで酒蔵見学のお客様がいらっしゃいました。
 昨晩、九十九湾の「百楽荘」さんで大江山を呑まれて、「美味しかったから酒蔵を見てみたい」との声があり、松波酒造へ来られました。 上槽をしている所はなかなか見ることができないので、とても楽しまれた様でした。

b0033490_16253782.jpg

 粕袋からじんわりとお酒がにじんでいます。 写真に撮ると反射して光っていて、すくって呑むと美味しそうです。

 このお酒は一旦貯蔵タンクに半年間ほど熟成させてから、 「大江山 純米吟醸」 や 「百選錬磨」 になります。

●できたての「純米酒の酒粕 1kg 500円」好評発売中です。
●大江山の純米吟醸の詳細はこちらへ。
●大江山の百選錬磨の詳細はこちらへ。

 明日も酒蔵見学のご予約いただいてます。
東京都 宮田様・穴水町 岡崎様 [能登まいもんツアー・ワイルドナビゲーション] 13名
金沢市 竹野様 4名
珠洲市 珠洲桃の花句会 15名

 ふな口からほとばしる新酒の様子が見られます。 お待ちしています<(_ _)>
[PR]
by skinshichi | 2006-02-24 16:40 | 2006酒蔵風景

ひな祭りが近いですね 白酒は「波の花」 お客様のご感想

 もうすぐ【ひな祭り】ですね。 そんな時の白酒には「大江山 にごり酒 波の花」がおすすめですよ。

b0033490_15531488.jpg

 この雛人形はひいおばあちゃんの手作りです。 私が生まれた頃にいただいたのですが、そんな頃に手作りキットがあることに驚きました。 かなり技術レベルの高いキットだな~。

b0033490_1559237.jpg


 ~☆~「波の花」 うれしい お客様からの声が届きました~☆~
            タイトル:「飲みやす~い!」 ともちゃん様より
感想:正直言って、私はアルコール類はあまり強くなく、それほど飲めないほうです。でも、この“波の花”はシュワシュワしてて甘みがあって、のみやす~いので好きです!! (^^♪  どちらかというと、辛口の苦手な女性におすすめなのかな!? 
残念なのは、この季節しか飲めないということ。
毎日寝る前にちょっとづつ、楽しんでま~す。(*^_^*)

 にごり酒「波の花」はアルコール度が19.5度と高めの原酒ですが、普段お酒を呑まない方が飲みやすいとよく言われます。 モロミが残っている事で甘酒っぽい雰囲気なのがまたまた良いのかもしれません。

 ●大江山の「にごり酒 波の花」の詳細はこちらへ

 ●おすすめのグラスあります。「まいぐらす ブルーウェーブ」はこちらへ
[PR]
by skinshichi | 2006-02-23 15:38 | 松波酒造の今日のひとこま

大江山の【純米酒の酒粕】が新発売です

 大江山純米酒の酒粕を新発売する事となりました。 1kg入り500円です。
 
b0033490_11433966.jpg


 ふなしぼりでできるお酒と酒粕。 純米酒の酒粕は板状にはならずもろもろとくずれやすい形です。 すぐ使えます。 できたてだから酵母も生きてます。

 味は本醸造の板粕よりあっさり目、香りも柔らかい、色はより白いです。

 粕汁・キムチ鍋・手作りパンの材料に、お風呂にいれてもあったまります。

 ●「純米酒の酒粕」の詳細はこちら。
 ●発売中です「新粕・板粕」の詳細はこちら。
[PR]
by skinshichi | 2006-02-22 11:13 | 2006酒蔵風景

アンコウと鱈での晩酌 【にごり酒 波の花】

 地元でアンコウがお買い得価格で手に入ったのと、親戚から大きな鱈を頂きました!(^^)! どちらも能登の冬のご馳走です。 余す所無く食べたい! 2時間かけて母と料理しました。
 
 旨い食材を前にすれば頑張れるものです。 写真は地味な写りですが味はかなり大満足。

b0033490_20132982.jpg

 鱈の子は毎度おなじみで味付けをして軽く煎りつけて冷ましておきます。→→子付けの刺身にしよう! 残っても色々使えるしご飯にかけてもオイシイデスヨ。

 アンコウの肝こと「アンキモ」は軽くゆでたあとにすり潰し、味噌と三倍酢で特製味噌にします。 ゆでたアンコウの身にかけます。

 鱈の内臓で「フト」という腸?みたいなところもゆでます。 ちょっぴりしかないのですが、細く細く切ります。 これに三杯酢と生姜汁を加えて酢の物に。 私的にはこれがメインでした。

 疲れを吹っ飛ばすぜ、「鱈汁 たらじる」はおいしい大江山の板粕を少し入れました。 何度も食べている冬の楽しみです。 このアラは最高です。

 全て食べきれないので、アンコウは今度鍋にでもしよう!と、冷蔵庫へ。 鱈の身も味噌漬けにして冷蔵庫へ。

 そこへおばあちゃんが山の畑の雪の下から採ってきた「かぶら」を使って「アチャラヅケ」を作りました。 塩もみしたかぶらに細かく切った昆布を混ぜて、酢・醤油・砂糖・みじん切り唐辛子を入れます。 翌朝のほうが漬かって良い味になります。

 旬のとれたて食材でのDinnerとなりました。 晩酌はこれも旬のお酒「にごり酒 波の花」にしました。

 鱈の子付け刺身は新鮮すぎて身が甘~い。 フトもコリコリしつつ、良いお味!
 アンキモまったりソースも美味美味。 やはり日本の旨い料理には日本酒ですね。
 いい食材があると器を選ぶのも楽しいし、食べる時間も楽しい。 雪もほとんど消えました。 おいしい食材とお酒を求めるならば是非能登へ。
[PR]
by skinshichi | 2006-02-19 21:08 | おいしい晩酌は大江山で

純米酒も上槽です、酒蔵見学もできますよ

 本日は「大江山 純米酒」の上槽(ふなのり)です。
 いつもより梨か林檎のような強い果実香りが蔵に広がっています。
b0033490_16482661.jpg


 10:00頃に、富山県からグループで旅行に来られたお客様が10名ちょっとで酒蔵見学に来られました。 今シーズンで一番おいしい時期と時間に来られました。
 ちょうどフネにモロミを入れていたので、純米酒の荒ばしりをふな口より飲めました。 とっても喜んでおられました。
 また、今朝取り出したばかりの4号タンクの板粕もつまんで食べてみたり。

 人数も15名くらいだと説明もしやすいし、ゆっくり様子を見られます。 蔵での酒造りの進み具合は当日にならないと分からない事が多いです。
 瓶詰や大きな作業があるときは酒蔵見学をお断りする場合がありますので、できるだけ事前にお電話してください。
 0768-72-0005 です。

 来週の土曜日は東京から「能登まいもんツアー・ワイルドナビゲーション」御一行様が12名程で酒蔵見学に来られます。 夜は穴水の「幸寿司」で冬の能登のアンコウ・鱈などをたっくさん食べる大宴会だそうです。 お待ちしていま~す(^。^)
[PR]
by skinshichi | 2006-02-18 16:39 | 2006酒蔵風景

粕袋はぺったんこ 【大江山 板粕】

 何度か紹介している大江山の「槽 フネ」から酒粕が入った粕袋を取り出します。 また、フネは上から圧力をかけるのですが、均一にお酒を搾る為に、中の粕袋を移動させる事もあります。
b0033490_15505815.jpg

 本醸造用タンクのお酒で粕袋が400個ほど入っています。
 袋はぺったんこですが、押せばまだお酒が出そう、、大江山の酒粕はこの通りふなしぼりだから厚みがあります。
b0033490_15551353.jpg

 麹作りや朝の蒸米の作業は終りましたが、槽場での作業もまた力仕事。 

 板粕は1kgで400円です。 3月末まで販売予定です。 詳しくはこちらへ。。
[PR]
by skinshichi | 2006-02-17 15:48 | 2006酒蔵風景

サラダバーな晩ご飯 【大江山しぼりたて生酒】

 仕込み4号タンクも順調にお酒と酒粕になっています。 季節のご挨拶に使えます。 そんな気持ちはとってもいいものですね。

 大江山の無濾過生原酒「しぼりたて生酒」は原酒とは思えないくらいに飲みやすい! 口当たりもいい! っとできたての楽しみを毎晩喜んでいます。
 グラスは先日購入した珠洲焼きグラス。 上からグラスをのぞくと底が藍色にキラキラしていました。 お酒が映える器です( ^^) _U 
b0033490_15285532.jpg

 晩ご飯は「サラダDAY」か!!???? 冷しゃぶサラダ、あっさり大根とシーチキンサラダ、コールスローサラダ。 たまには胃に優しいのもいいものです。
 
 仕込み5号タンクは少し遅れています。土曜日には純米酒のタンクがふなのりです。

 そこで、今年は新商品「純米酒の酒粕 1kg」を発売する事にしました。 価格は「できたて大吟醸粕1kg」と同じ 500円 です。 何度かお客様から「純米酒の酒粕は無いのですか?」っとの声がありました。 「できたて大吟醸粕」と同様で、板状にはならない酒粕です。 

 まだご注文ページできていません(>_<) この日記で近々注文ページをお知らせいたします。

 
[PR]
by skinshichi | 2006-02-16 22:22 | おいしい晩酌は大江山で

フネにタンク1本分のモロミをいれます

 仕込み4号タンクもフナノリです。 タンク1本分のモロミを粕袋に入れてフネに入れるのですが、はじめは厚みがあって粕袋を重ねると溢れそうです。

b0033490_16342190.jpg

 そこで木枠をはめます。 えっさえっさ。 同じ物を三段重ねます。

b0033490_1635103.jpg

 大江山酒粕はここから産まれます。 ゆっくりじゅわりと圧力がかかるので、お酒もゆっくり出来上がり、酒粕はまだまだお酒が搾れるんじゃないかというほどぶ厚いです。

 大江山の新酒 「しぼりたて生酒」はこちらです。
 能登のにごり酒 「波の花 ナミノハナ」はこちらです。
 順次発送中、ほんとにできたて「板粕 1kg」はこちらです。
[PR]
by skinshichi | 2006-02-15 16:31 | 2006酒蔵風景

ブログパーツ

検索

最新のトラックバック

酒粕クッキー 半島フォー..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登大納言小豆を発信 「..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
半島地域づくりフォーラム..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登空港のお茶会&2月の..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
ビノワール・グルメの食材..
from ビノワール・グルメの食材屋さん
みかん入りヨーグルト 【..
from おいしいケーキ大好き!素敵な..
北海道特産品取寄
from 北海道特産品取寄特集
牡蠣(かき)
from 世の中のうまい話
取寄スイーツ
from 取寄スイーツ情報
鰤(ブリ)
from 世の中のうまい話

ファン

ブログジャンル

画像一覧