【大江山 若女将聖子の酒楽日記】能登半島松波酒造から


大江山の若女将聖子がお届けする能登の旬な情報
by skinshichi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

サーバー移転につき。。。

 今晩は、実は今日からwww.o-eyama.comのサーバー移転の為、サイトが見れなくなっちゃいました(゜o゜) すいません<(_ _)> アドレスは変わりませんが、全てこちらの事情です。 メールのお返事も遅れます、御了承下さい。 

 新聞のおかげで、酒屋さんからも新商品「つづらの波 純米 300ml」は好印象です。こちらも拡売に頑張ります。

 先日、地球を半周ほど股にかけて仕事をされている東京の伯父さんからお電話をいただきました。 パーティーで大江山を鏡割りで使っていただき、「京都のお酒もあったけれど大江山を皆で美味しく飲んだよ!」っとのこと。 「センスとひらめきが大事だよ」と、教えてくれた大変応援してくださる方です。 ちょっぴりでもファンを増やしてこの伯父さんにも喜んでいただきたいです。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-30 20:47 | 松波酒造の今日のひとこま

のと海洋神創水のお酒 第二弾 「純米酒 つづらの波」

 本日の「北陸中日新聞」の北陸経済のページに私と「つづらの波 純米酒」が載ってます。見てみてね。
b0033490_114257100.jpg


 8月1日には能登町小木に「能登海洋深層水施設」の完成式が行われます。これからお酒以外にももっと特産品ができて、能登をアピールできる商材が増えると良いです。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-30 11:48 | おいしい晩酌は大江山で

おいしいよ 「つづらの波 純米酒」300ml

b0033490_11284883.jpg
 本日発売「つづらの波 純米酒 300ml」です。 小瓶で少し買いやすい価格!そして呑み飽きしないお味の御要望からできました。 日本酒は男性的なイメージが強いので、少しでも若い女性に手を伸ばしていただけるようなデザインです。

 原料米は兵庫産山田錦と石川産五百万石、アルコール度は14~15度、日本酒度は+4、しかしホワリ甘口。 税込み525円。

 地元の酒屋さんに販売中、少しずつ拡売中。 もちろんwww.o-eyama.comでもご注文承ります。


b0033490_11364526.jpg
 地元紙「北國新聞」の北陸経済のページにも載ってますよ。新商品として世界のTOYOTAの隣に!
[PR]
by skinshichi | 2005-07-29 11:22 | おいしい晩酌は大江山で

うなぎの日

b0033490_2311464.jpg

 暑い一日の締めは鰻の蒲焼き。友達の実家おいしい刺身の 魚正さんで買いました。  今日は配達と明日発売の「つづらの波 純米」の宣伝です。 北陸中日新聞と北国新聞に掲載予定!

明日は能登上撰の瓶詰となんでか溜まった書類作り。

 燕っコ達はかなりでかくなりました。寝るときは頭を巣の内側にしてました。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-28 23:11 | うまい!四季の幸

ちらりと見える、君の名は。

b0033490_20262859.jpg

 サザエのとれる季節です。松波酒造の元名番頭の前田さんからいただきました。蒸しサザエとサザエご飯です。         
 おや、何やら酒が、いつもの如く。 29日(金)大安に新発売する『つづらの波 純米 300ml』です。のと海洋神創水を使ったシリーズ第二弾! 吟醸の四合瓶は二年前に発売。 能登の美味しい海の水はお酒をやわらかくし、日本酒度では言い切れない善い甘さが生まれます。 そうそう、525円でただ今宣伝中!
[PR]
by skinshichi | 2005-07-27 20:26 | うまい!四季の幸

おい! なんでそこに。。!?

 ようやく祭りの疲れもとれました。 んん、朝お店の在庫を見ていたらなんか下の方から声がする。。。。。。。。 いない、誰も。。。。。。

 その30分後、社員の森田さんが呼んでいるよ、、、、、、、、「あっ、なんでここに。。」

b0033490_2392662.jpg

 かわいい顔して「かんぞう奉行」というキュウリパワーのアルコールを和らげる食品の上に止まっていたよ。 こっちはびっくりだい。

 落とされたのか? 狭くなったからなー。 ご飯を取り損ねたか。 ちょっと飛んでみたらこの有様か。。。。?

 柔らかいアホ毛?フサ毛?も少なくなり、すっかり燕さんの姿に。上にはボスのでっかいR2が「ピャーオピャー」鳴いてるし、君は サンバかヨンハかな。

 あまりにもかわいいので写真を至近距離で撮影。全く動じない上にカメラ目線。
b0033490_23153882.jpg


 上からも見てみた。
b0033490_23174911.jpg


 現実的な問題として、この後どうしようか。。。時々両親のびっちゃんとフサちゃんが来るけれど下のほうは見てくれない「キー(゜o゜)」って淋しそうに鳴いているし。
 私の部屋で飼う訳にもいかず、触ると人間の匂いで嫌われるとか聞くけれど、結局父が三脚持ってきて巣に戻しました。

 込み合った3号室のやや後方に収まりました。  その後様子を見ても、いじめられることなく皆でギャギャっとやってました。

 でも来週には出て行ってしまいそうだな。あの大きさは、、、さみすぃー(~_~)
[PR]
by skinshichi | 2005-07-26 23:11 | つばめ日記vol.3

松波人形キリコ祭り

 松波の一番賑やかな1日「松波人形キリコ祭り」です。この日のために手作りの人形を作り、ヨバレの準備でお酒やお料理、お掃除をする。 11:00くらいにキリコ巡行が始まり、松波神社に向かってから各町内へと巡ります。
b0033490_22353226.jpg


b0033490_22384799.jpg

 私の町内「鍛治町」のキリコです。

 お昼過ぎに沢山のキリコが並びました。そして沢山ビールが売れるのです。
b0033490_22413896.jpg


 昼からは配達が少しと夜に向けての準備です。お客様は親戚や会社でお世話になっている方々とお友達が来ます。

 私のお友達はよくこのブログにも登場する穴水の「幸寿司」御夫婦、そしてその飲み会でよくお会いする岡崎さん御夫婦、そしていつも大江山を贔屓に電車や泊まり先で呑んでいただいているWEBの先生林先生が始めてこられました。 そして地元のお友達マッキーと礼儀正しい従妹ちゃん二人。

 六時から十一時過ぎまで宴会はあるのですが、なかなか一所に話す暇もない忙しさ。何軒もまわられる方も多いのですが、ゆっくりお相手できず、初めて能登のヨバレを知った方は驚きますね。お店にもお客様が来られるので、酔っ払っているわけにもいかず。 そんな感じ。

 写真を撮る暇もなかったので、来て頂いたお友達のブログで「松波祭り」を見てください。

 こうちゃんの能登だより
 見ごたえのある 幸寿しドットコム
 能登の国の男料理
 善さんのカヌー日記
 あつこのかなカナ日記
 戸田市に住むと楽しいな!

 また来年も来てね。 今年これなかった友人達にも来て欲しいです。酒はいっぱいあるよ。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-24 23:09 | 能登のまつり

ひと足早くチャンチャカチャーン

b0033490_20162897.jpg

毎年元組(私は鍛冶町)子供キリコは前夜祭で町内をねり歩きます。 さっきビールとジュースを買っていきました。大人の数が多かったけれど。 
 夏が来ましたね。      野球は期待どおり阪神が強いし、梅雨も明けそう。 

 この三日間は一年で一番忙しい時期です。  ヨバレ用の配達でみんなで頑張っています。 ぼちぼち鮭の柿の葉寿司をつくります。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-22 20:16 | 能登のまつり

4羽どころか5羽でした

 すくすく成長し、髪型はアラーキーの様な松波酒造のツバメたち。押し合いへし合い餌をもらい、お昼からは巣に首を引っ掛けて昼寝。鳴き声の大きさも日々成長。
b0033490_16525787.jpg
 「んんっ」よく見ると4羽になっているよ。 で、名前は「ヨンハ」。

 しかし夜になってから5羽めもいると判明。 フサちゃんがあんなにでかかったのは納得。

 よく5個も卵が入っていたものだ! あー、名前は「プサ」。

 あいかわらず区別はつきませんが、R2 たわし サンバ ヨンハ プサ となりました。

b0033490_16561387.jpg
 「えさくれー、えさくれー」   首が突然伸びるので、ちょっと怖い。

 「ブギャギャギャギャー」    腹減ったー。 

 そんなに騒げば減るだろう。。。。。電気点けたり消したりにも反応するので面白いよ。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-21 23:20 | つばめ日記vol.3

珠洲市飯田 燈籠山祭り

 夜はお友達の家でお祭りをみました。
b0033490_16254799.jpg
 隣の珠洲市飯田町「燈籠山祭り」は曳山です。各町内の提灯をつけたものと、ばかでかい人形を載せた巨大山があります。 今年は「五条の牛若丸」でした。 丁度通り沿いのお宅なので2階から楽々に雄大なヤマが見えます。

 能登でも各地域でヤマ、神輿、キリコの違いがあったり、規模も大小色々、秋まで続きます。
 そして「ヨバレ」という宴会があります。地域にも寄りますが、何軒もハシゴされる方が多い所や、家族だけで静かに過ごすものもあります。遠方の方には珍しい光景かも。
 
b0033490_16305061.jpg

 昔はご膳や食器を出して全て手作りで宴の準備をしていました。今はさすがに仕事もあるので仕出しです。

 しかし、各家には手作りの逸品があるもので、我が家は鮭の入った柿の葉寿司昆布巻きです。
[PR]
by skinshichi | 2005-07-20 23:19 | 能登のまつり

ブログパーツ

検索

最新のトラックバック

酒粕クッキー 半島フォー..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登大納言小豆を発信 「..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
半島地域づくりフォーラム..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登空港のお茶会&2月の..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
ビノワール・グルメの食材..
from ビノワール・グルメの食材屋さん
みかん入りヨーグルト 【..
from おいしいケーキ大好き!素敵な..
北海道特産品取寄
from 北海道特産品取寄特集
牡蠣(かき)
from 世の中のうまい話
取寄スイーツ
from 取寄スイーツ情報
鰤(ブリ)
from 世の中のうまい話

ファン

ブログジャンル

画像一覧