【大江山 若女将聖子の酒楽日記】能登半島松波酒造から


大江山の若女将聖子がお届けする能登の旬な情報
by skinshichi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

能登町宇出津(うしつ)寒ブリについて 【大江山 純米】

 18:30から能登町宇出津で12月3日の「寒ぶり祭」の反省会に行ってきました。 よくある「反省会という名の飲み会」では無くて、出店者と商工会の意見交換、本当の「反省会」です。 (車の都合もあるから一応確認してしまいました(^_^;))

 能登半島は今、「寒ブリ」が一番おいしい季節です。 特に宇出津漁港にあがるブリは10kg以上の大物も多く、ブランド化するために10kg以上にはタグが尻尾についています。
b0033490_1305373.jpg

 浜値で1kg2,000円から4,000円ですが、お店に並ぶ頃には3倍くらい、12月20日をすぎると更に倍以上の価格になります。 1月には値段が下がるのでご安心ください。 2月でほぼ食べごろは終ります。

b0033490_1375182.jpg

 包丁が切れなくなるほどのジューシーな脂がのった刺身(もみじおろしを使う)、珍味の胃は茹でて酢の物に、アラはブリ大根や味噌汁、オーソドックスな照り焼き、塩焼き、味噌漬け、たまにブリしゃぶ。 カゲは塩を振ってカリカリに焼き上げ、おせんべいのようにパリパリ。
b0033490_13104044.jpg

 皮のすぐ下にはとろける脂身。 珍味中の珍味、肝や心臓は焼いて。 こんな新鮮な揚げたてを食べられるの能登だけの楽しみ。

 能登半島宇出津産の「寒ブリ」に合うのは、能登の地酒「大江山 純米」です。
 ここまで書いたら食べたくなりますよね。 私がおすすめする「能登 宇出津産寒ブリ」を販売するネットショップは、「幸寿し」さんです。 電話0768-52-2114。 寿司屋の大将が目利きします。

 1本丸ごと、食べ易くさばいて刺身用の冊、焼き物用、内臓だって美味しく調理済み。 食べ方も教えてくれますよ。 ご予算に合わせて市場情報を確認し、最適な鰤を発送してくれます。

b0033490_7463421.gif

人気blogランキングへ1票入ります、一日ワンクリック応援お願いします。

[PR]
by skinshichi | 2006-12-22 21:55 | うまい!四季の幸

ブログパーツ

検索

最新のトラックバック

酒粕クッキー 半島フォー..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登大納言小豆を発信 「..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
半島地域づくりフォーラム..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
能登空港のお茶会&2月の..
from 【のと珠姫 ノトマメヒメ】能..
ビノワール・グルメの食材..
from ビノワール・グルメの食材屋さん
みかん入りヨーグルト 【..
from おいしいケーキ大好き!素敵な..
北海道特産品取寄
from 北海道特産品取寄特集
牡蠣(かき)
from 世の中のうまい話
取寄スイーツ
from 取寄スイーツ情報
鰤(ブリ)
from 世の中のうまい話

ファン

ブログジャンル

画像一覧